書籍紹介

染色作家・山口通恵の代表作を集成した作品集

山口通恵作品集

山口通恵 著

  • A4判
  • 48頁(カラー40頁/モノクロ8頁)
  • 定価:1,296円(送料 108円)
  • ISBN 978-4-915374-54-8

2008年に京都造形芸術大学教授在職中に早世した染色作家・山口通恵(1950~2008)の、太陽光で染める独自の染色表現「光の染色」を中心に、代表作を収録した作品集

詳しい内容

山口通恵の作品をその初期から通観してきて、ひときわ異彩を放つのは「光の染色」であった。そのスケールの大きさ、気宇の雄大さ、強いインパクトと同時に画面の中に見るものを引き込む不思議な力を合わせもっている。(小名木陽一)

染色作家の山口通恵さんが2008年に亡くなって3年が経つ。京都造形芸術大学教授在職中の早すぎる死だった。初期は絞り染めや友禅染で、ある時期から、建築設計などでかつて使われた青写真の原理を利用した、太陽光で鮮やかなブルーに染め上げる、シアノタイプ・プロセスという手法で独自のダイナミックな作品表現を展開した。2011年9月には京都のギャラリー恵風で、「色と光の染色―山口通恵を偲ぶ」という回顧展も開催された。それにあわせて、代表作を集めて収録した作品集が染織と生活社からから出版された。あらためて、山口通恵さんの遺していった業績を振り返りたい。(佐藤能史)

【本書の内容】

作品―パネル、インスタレーション、衣装、着物、屏風など

文章―「光の染色」(山口通恵)など

年譜

文献目録

作品リスト

あとがき(小名木陽一)

山口通恵作品集