染色情報α(アルファ)

毎月、染めと織りの役立つ情報をお届けします子

 「染織情報α」は、染織に取り組む愛好家にとって必要な様々な情報と、内外の染織界の動向をお知らせする記事で構成された唯一の冊子です。下記の内容に示された記事のほか、きめ細かな全国の展覧会予定、イベント・公募・ワークショップ情報などが毎号掲載されています。

2020年03月号の内容

  • α-SIGHT : 第16回試作竹筬と織布帛展
  • 奈良の傾斜型髙機「大和機」を考える 越後、結城など他の天秤腰機との比較を通して:横山浩子
  • 東北のボロと刺しこの考察 過去と現代への視点から:わたなべひろこ
  • 人や社会をつなげる網をつくる手仕事の技法「フリースタイルあばりあみ」の可能性:新田恭子
  • 工芸/技術/記録/映画 無形文化財を記録するということ:生田ゆき
  • インドの絣を訪ねて5 インドの絣技法―オリッサ―:工藤いづみ『平織ができる人のための はじめてのもじり織』出版に寄せて:畑中千恵子
  • 正倉院裂とは何か23 正倉院裂に見る天平人の気概:尾形充彦  インフォメーション/3月の展覧会
2020-03-457

染織情報αは、染めと織りの生きたインフォメーションを満載する小冊子です。

「山椒は小粒でピリリと辛い」――薄い冊子ですが、その中に染織愛好家に役立つ情報がいっぱい詰まっています。

伝統から現代まで、染織に関わる幅広い情報で、染織愛好家をサポートします。

全国各地の展覧会、イベント、ワークショップ、公募案内、グループ活動、技法紹介、関連書籍など、手作りの染織に関する全国の動きをお伝えする唯一の情報誌です。薄いコンパクトな冊子ですが、それだけに画廊巡りなどの際には持ち運びも便利です。毎号の表紙は、三橋遵先生(京都市立芸術大学教授)の季節感あふれる染織作品が飾ります。

小冊子名
染織情報α
発売日
毎月20日発売
体裁
A4判
定価
500円+消費税(送料 100円+消費税)